歯は食べものを噛むために欠かせない器官ですが、
噛むことによってさらに生体の重要な役割を担っています。
噛むという運動が脳に直接的な刺激を与え、
脳の発達を促し活性化することです。
上下の歯をかみ合わせる(噛むこと)による刺激は、
たえず脳に送られていて、この刺激は、
歯根(歯の根っ子の部分)の外側についている歯根膜(歯と骨を繋ぐもの)
によって脳に伝わり、歯根膜にはセンサ−のような働きがあり、
このセンサ−が噛む刺激をキャッチして脳に送ると、
脳細胞が活性化せれるというわけです。
Untitled
脳は胎児のころから成長を始め6歳ころまでに9割が完成
噛むことは脳の血流量を増やし、
脳の活動を活発にします。成人の脳は、全酸素消費量の約5分の1を消費していますが、乳幼児でこの消費量は7割を占めています。
しかし、歯と脳の関係の関係は、乳幼児期に限るものではなく、
それを代表するのが認知症のお年よりです。
認知症のお年よりの多くは、歯が少なくなってしまった人や、
かみ合わせの悪い人が多く、
逆に元気なお年よりには、
自分の歯がたくさん残り、かみ合わせも正常な人が目立ちます。
生涯健康で過ごす為には、
自分の歯をいかに大切にできるかにかかっているのです。