自分に合った歯ブラシを選べずに、色やデザイン、値段だけで選んでしまっていませんか?毎日使う歯ブラシは、自分に合ったものを選ぶ事が大切です!!

間違った歯ブラシ選びをしてしまうと、歯茎を痛めてしまったり、上手く磨けず磨き残しが多くなり、むし歯や、歯周病、口臭の原因にもつながります。気になる症状別に歯ブラシを選んでみてはいかがでしょうか?

%e3%81%af①むし歯が気になる方におすすめの歯ブラシ
☆毛の硬さ・・・普通
むし歯が気になる人の口の中は、歯垢(プラーク)が
溜まりやすく、汚れを効率的に落とすには
『普通』と表記されているものがおすすめ
☆歯ブラシのヘッドサイズ・・・普通
奥歯の幅と同じぐらいの幅のもので、歯2本分程度の長さの
ものが効率よく、歯垢を落とすことができます。

②知覚過敏(冷たい物がしみやすい)が気になる方におすすめの歯ブラシ
☆毛の硬さ・・・柔らかめ
知覚過敏の原因は、いくつかありますが、
毎日行う、歯ブラシの強さでも起こります。毎日、
硬い歯ブラシで力を入れてゴシゴシ磨いていると
歯茎と歯の境目の部分が削れてきてしまい〝しみる〟
という症状がでてきます。
症状が改善するまでは、『柔らかめ』と表記されているものが
おすすめ
☆歯ブラシのヘッドサイズ・・・小さめ
歯が削れる原因として、歯を磨くストロークが大きすぎる
ことも原因の1つかもしれません。歯を磨く際に前後に
大きく動かしすぎないように、1本ずつ磨いてみましょう

③歯周病が気になる方におすすめ
☆毛の硬さ・・・柔らかめ
歯周病が気になる方は、歯茎からの出血や、腫れなど
歯茎が弱っている(炎症を起こしている)可能性があります
また、歯と歯茎の境目に汚れが溜まりやすく歯と歯茎の境目
に毛先が入るように、磨きましょう
☆歯ブラシのヘッドサイズ・・・普通
☆毛の太さ・・・細めまたは、極細
歯と歯茎の境目(歯周ポケット)の中の汚れを落とすためには
毛先は『細め』が効果的です
歯茎が腫れている自覚のある方や出血がある方は、
毛先が柔らかく、細めのものを使ってみましょう。

むし歯も、歯周病も歯ブラシだけで防ぐことは、出来ません。
通っている、歯科医院と二人三脚で
プロケア(メンテナンス)、セルフケア(歯ブラシ)を極めましょう