むし歯、歯周病になりやすい人、なりにくい人など様々ですが、歯のクリーニングに通う際に最も重要な診断が、個人個人のリスクです。

リスク検査というのは、まだ歯科医院では一般的なことではないのが現状で、唾液検査を使いリスクを調べます。

レントゲンや視診だけでは分からない、本当のリスクを調べることで、定期的メンテナンスの効果が発揮します。皆さんが、通院されている歯科医院でもし、唾液検査をされていないようであれば、唾液検査をお勧めしている歯科医院いきましょう。

リスクをきちんと把握できれば、無駄に歯を削られることも、将来歯周病になって歯が抜けてしまうことも必ず防ぐことができます。